わずか3週間で彼女を見つける方法

外壁や屋根の塗装が劣化すると雨漏りによる大きなトラブルにつながる

 

壁のひび割れ

 

木造家屋にとって、雨漏りはとても重大なトラブルなのです。なぜなら、シロアリ被害に直結するからです。

 

ついつい年に一度くらいの少しの雨漏りくらいなら軽視してしまいがちですが、一度雨漏りから雨水の進入路ができてしまうと、その部分は雨のたびに湿った状態となり、シロアリを招き入れてしまうのです。

 

「どうも壁がフワフワするな・・・」とか「壁と柱に隙間ができている・・・」こんな症状に気付いた時には、上の写真のように壁紙で隠された内側は被害を受けていることが多いのです。

 

シロアリが発生した原因の約8割以上が雨漏りに起因する木材の湿りだと言われています。シロアリは湿った場所でしか生息できず、また空気の流れがないところを好みます。

 

したがって、風通しがよく、乾いた場所では生きられないのです。シロアリは湿気がない外気の中ではすぐに死んでしまいます。(ただしアメリカカンザイシロアリは自分で水分を持ち運べるため、比較的乾燥に強い)

 

ですから湿気の多い土の中から家屋に浸入し、湿った柔らかい木材をエサに住み着いてしまうのです。シロアリは土の中を自由に移動できるため、つきつめていくと雨漏りを発生させず、通気を良くしておくことがシロアリを防ぐ唯一の方法となるのです。

 

 

シロアリ業者による床下点検、駆除の工程

 

シロアリ調査

 

床下点検口があればそこから、なければ和室などの畳をめくって床下地材を切って点検口を作ります。

 

 

シロアリ調査

 

こんな感じで根太木と根太木の間に70cm×40cmくらいの点検口ができました。

 

 

シロアリ被害

 

ここからシロアリ業者の方が床下に潜っていきます。床下空間の高さはせぜい40cmくらいしかないので、真っ暗な中を匍匐前進で進むこととなります。閉所恐怖症、暗所恐怖症の方には絶対に無理な仕事です

 

 

シロアリ被害

 

こんな感じでまずは足から入っていきます。点検口の周りは汚れないようにビニールシートがついたマスキングテープで養生します。便利なものができているのですね。

 

シロアリ被害

 

開口部から撮った写真です。「つか石」の上の「床づか」がシロアリ被害を受けてなくて、少し安心しました。床下なんて見る機会がないので、シロアリが大量にいるのではとびくびくしました。

 

でも白く見える部分はすべてカビで高湿な状態になっていました。、また浴室付近は水漏れがあり、土台が濡れた状態になっていて、良い状態ではありませんでした。我が家の床下はシロアリの好む環境になっていたのです。

 

 

シロアリ被害

 

左側の緑のズボンが右脚、右の長靴のかかとが左足です。床下を総点検して、ようやく地上に帰れるようです。お疲れ様でした。

 

 

シロアリ駆除

 

このようなポンプを使って薬剤を高圧で注入していきます。

 

 

シロアリ駆除

 

シロアリ被害でスカスカになった玄関ドアの枠にドリルで穴をあけ、薬剤を注入していきます。下から上へと薬剤が」上がっていくようです。

 

 

シロアリ被害

 

これがシロアリ駆除の作業となります。あと土間にもドリルで穴をあけて薬剤注入していきます。(蜂の巣の駆除をイメージしていたので、ちょっと肩すかしでした。)

 

 

シロアリ被害

 

このような柱の場合、シロアリは必ず表面お薄皮1枚を残して、内部を食い尽くします。我が家の場合もこの部分は空洞になっていましたが、薄皮1枚残っていたため見た目の変化がなく気付きませんでした。これもシロアリ被害が拡大する理由の一つです。

 

もし異変に気付いたら、一刻も早くシロアリの調査点検をしてもらいましょう。私もいろいろ調べましたが、利用シェアNO.1【シロアリ110番】のように事前調査や見積もりが無料で、早く対応してくれる全国対応の業者がおすすめです。もしシロアリがいなかったら、費用はかかりません。

 

 

家の内部は常に乾燥させておく必要がある

 

シロアリ被害防止の対策費は、調湿材や床下換気扇の取り付けや保証も含めてですが約50万円の見積もりとなりました。また、雨漏りの箇所が浴室の壁だったこともあり、100万円以上の浴室のリフォームも検討せざるを得なくなりました。

 

しかし土台の被害は免れたので、まだ軽症の部類と言えそうです。もし土台や柱が被害を受けていたら最低でも300万円、大規模なリフォームになると1000万円くらい覚悟しなけらばならないのです。

 

外壁塗装を怠ったために、防げたはずのシロアリ被害を受けてしまいました。外壁塗装は、定期的に必ずやらなければならない家のメンテナンスなので、決して先延ばししてはいけないと反省してます。

 

外壁塗装と屋根塗装なら100万円くらいまで済んだのにと後悔しつつも、もしもシロアリ被害で家の土台に被害を受けてしまったら、この程度の費用ではすまないので、今回は少し高い授業料となりましたが、シロアリ被害防止の一番の対策は、外壁と屋根のメンテナンスであることが身にしみてわかりました。

 

 

>>トップページに戻る

トップへ戻る